LAGRANGE POINT

パーソナルブランディング1Day実践講座

 

 

 

なぜ、パーソナルブランディングが必要なのか?

 

小さな会社や個人にとって、パーソナルブランディングが必要な理由は、いたってシンプル。

それは、「顧客に選ばれ続けるため」です。

 


● 例えば、士業・コンサルタント・講師・カウンセラーなどの場合・・・

同じような資格やスキルを持った人が有象無象に多数存在します。

 

顧客はインターネットを駆使し、安いサービスを探すか、実績や知名度のある人に仕事を依頼するのが当たり前になってきました。

 

他社とは違う価値を提供しないと生き残ってはいけないという理由から、パーソナルブランドの必要性が高まっているのです。

 

 

● 営業・販売職やデザイナー・企画職の場合・・・

商品やサービスが溢れている現代において、顧客は「何を買うか」よりも「誰から買うか」を重要視し始めています。大切なので、もう一度。「何を買うか」よりも「誰から買うか」です。

 

また、デザイナーや企画職の場合であれば、顧客は「どんな企画か」という中身よりも「誰が考えた企画か」ということを重要視します。

 

ブランドとは“信頼の証”とも言われますが、顧客はパーソナルブランドのない人より、ある人の言葉を信じて購入を決定する時代となりつつあります。


したがって、営業・販売職の人にとっても、パーソナルブランドは欠かせないものになっているのです。

 

 

 

● 当然、経営者にもパーソナルブランドは必要です

パーソナルブランドのある経営者のもとには、顧客だけでなく、人やチャンスが自然と集まります。

そもそも、従業員30名未満の小さな会社の場合、「社長のパーソナルブランド=企業ブランド」となっていることが大半です。


例えば、採用難といわれている昨今で、新卒や中途採用に成功している企業も、共通している点は結局社長のパーソナルブランドの高さです。


このように、パーソナルブランドは様々なビジネスシーンにおいて求められており、今後その必要性は益々高まっていくと安易に想像できます。

 

 

 

パーソナルブランディングの効果

 

あなたがパーソナルブランディングに取り組むことによって得られる効果・メリットは大きく3点挙げられます。

 

1.価格競争から脱し、顧客単価をアップできる

同業他社と大きく差別化されることになるため、いわゆる価格競争から解放されることになります。

また、価格競争から脱するばかりか、競合との差別化が上手くいき、容易に客単価をアップさせることも可能になります。

 

2.ファンが生まれ、リピート率もアップする

「是非、〇〇さんにお願いしたい」

このように、顧客から選ばれやすくなります。

リピート性の見込めるビジネスであれば、リピート率アップは当然のごとく期待されます。

 

3.顧客紹介が増える

 

パーソナルブランディングによって、「〇〇のことなら、××さん」というイメージが醸成されると、顧客紹介が異様に増え始めます。

「中小零細企業のWeb集客のことなら、高田さん」と、実は私もこの恩恵を受けている1人です。

 

4.好きで得意な仕事を「選ぶ側」に回れる

パーソナルブランディングによって、売り込まなくても売れる状態を築き上げることができます。結果的に、“好きで得意な仕事を選ぶ側”に回りつつも、売上・利益を伸ばしていける。そんな、理想的な状態に大きく近付くことができるのです。

 

 

 

 

パーソナルブランディングによる

小さな会社・個人の成功事例

 

● 地元を代表する“お客様から指名される先生”になった行政書士

YouTube動画とSNSを活用して、他の行政書士との差別化に成功。

“売り込まなくても指名される”ようになり、地元を代表する行政書士に。

(実は、パーソナル性の問われる士業・コンサルタント業は、パーソナルブランディングとの相性が極めて良く、成功事例は他にも多数存在します)

 

● 好きな仕事だけを選んで業績150UPの小さな工務店

ホームページとSNSの活用で、大手ハウスメーカーとの競合から脱却。無理な“安請け”はせず、自社の強みが活かされる仕事だけを選んで請け負っても昨対150%以上の業績UP。

 

● 廃業寸前から“予約待ちの行列”ができる状態にまでV字回復したエステサロン

競合との価格競争に疲弊し、廃業寸前。その後、対外的な「魅せ方」の重要性に気付き、ブログとSNSでパーソナルブランディングを開始。現在は「広告無し」でも予約待ちの行列ができるエステサロンに。

 

● 講師のパーソナルブランディングで地域No.1になった英語教室

ホームページ&ブログ&SNSで、在籍講師1人1人をブランディング。多様性のある講師陣が魅力となり地域ナンバーワンの英語教室にまで成長。

 

● ブログで情報発信して出版オファーを獲得した女性カウンセラー

ブログを起点に継続的に情報発信していき、出版社からのオファー(商業出版)を獲得。その他にも、大手情報サイトへのコラム寄稿など案件を次々と獲得。副業としてのカウンセラー活動から、会社員を辞めて起業を実現

 

 

 

 

ウェブ&SNSの活用で、誰でも1日で始められます

 

「ブランディング」と聞くと、少し難しそうに感じてしまうかもしれません。

しかし、ここまで解説したパーソナルブランディングについては、身近なウェブやSNSを活用することで、誰でも自分1人ですぐに実践することができます


ICT総研の調査によると、2018年末にはSNS利用者は7,486万人に及ぶとみられ、ネット利用者の74.7%に達すると予測されています。もはやSNSの活用は必須であるということはお分かり頂けると思います。


また、そもそもSNSは個人同士のコミュニケーションツールとして活用されることが多いため、パーソナルブランディング向きなのです。

 

 

 

とはいえ、闇雲な情報発信ではダメです

 

前述の通り、SNSやウェブを活用すれば、パーソナルブランディングは誰でもすぐに始めることができます。

 

しかし、SNSでただ情報発信していればブランディングに繋がるかというと、そう甘くはありません。

 

まずは、外部にどんなイメージを持たせるか?という「魅せ方」の戦略が必要になります。

また、自社のターゲットの特性やビジネス特性に応じて、多数存在するウェブやSNSから「何を選択し、どう連携させるか?」という戦術の方針決めも必要となってくるのです。

 

 

 

 

このセミナーで得られること

 

1.競合他社と差別化し、価格競争から抜け出す具体的ノウハウが手に入る

同業他社が有象無象に存在する中、「他社ではなく自社が選ばれる理由」が定まり、結果的に「相見積もり」等の価格競争から抜け出す具体的な方法論を習得することができます。

 

2.自社(自分)を高く評価し、指名買いしてくれる「理想の顧客ターゲットが誰なのか?」が明確になる

「誰もがターゲット」では誰にも響きません。その他大勢と同一視されないようにするためには、ターゲットとする顧客像を明確に定める必要があります。そうすることで、見込み客がファンとなり、結果的に指名買いしてもらえる。その具体的方法を知ることができます。

 

3.1段ステータスが上がり「業者扱い」されることのないポジションに

パーソナルブランドが確立されてくることによって、極端に表現すると「業者」から「先生」へと顧客側の扱いが変わったりもします。士業・コンサルタントやカウンセラーなど、パーソナル型のビジネスほど、その傾向が非常に強いです。

 

4.今いるステージから1段上の次元に飛躍するきっかけの日となる

自分(自社)のあるべき姿が再定義されることになり、これからの明るい未来に「ワクワクする状態」になるでしょう。今後やるべきことが明確になることで、さらに飛躍するためのきっかけを掴むことができます。

 

 

 

セミナーコンテンツ

 

今回のセミナーでは、「明日から実践に移る」ことをゴールに、1Day(4時間)でパーソナルブランディングの基礎知識と実践スキルを習得して頂きます。

 

【第一部】パーソナルブランディングの基本戦略を定める

・パーソナルブランド構築の5ステップ

・熱狂的なファンを顧客にする(ターゲット設定)

・ライバルを知り、自分(自社)の強みを見出す(3C分析によるUSPの発見)

・ブランディングコピーの作成(エレベータピッチ&プロフィール作成)

 

【第二部】パーソナルブランド構築のためのメディア戦略

・5大SNSの基本用途を理解する

・SNS&Webで個性を演出するコツ

・SNS&Webを活用したブランディング“5つの注意点”

・事例から学ぶSNS&Webを活用したパーソナルブランディングのヒント

 

 

 

講師紹介

 

高田 晃(たかだ ひかる)

小さな会社専門のネット戦略アドバイザー

株式会社ラグランジュポイント 代表取締役社長

 

従業員30人以下の小規模会社を専門に、売上・客数UPのためのネット戦略をサポートするコンサルタント。

大手ネット広告代理店㈱オプト(東証一部上場)を経て、独立。


その後、自身が小規模会社の経営者となったことで「小さな会社には、小さな会社なりの戦い方がある」ということを痛感。
これまで自分自身が提唱してきたネット戦略が通用しないばかりか、世の中に出回っている経営やマーケティングに関する情報や方法論は、その大半が“大企業向け”であることに疑問を抱き、中小・零細企業、個人事業主を対象としたネット集客コンサルティング会社(株)ラグランジュポイントを立ち上げる。

「難しいことを解りやすく楽しく解説する技術」を高く買われ、年間100回以上の登壇数を誇るプロ講師としても活動。全国各地の商工会議所や商工会、法人会、地方銀行等の各種団体から依頼を受けての講演だけでなく、上場企業の従業員研修や学生向けのビジネス講座を担当するなど、中小企業向けWebマーケティングの分野では、国内ナンバー1の人気講師である。

著書に『小さな会社 ネット集客の鉄則(クロスメディア・パブリッシング)』『ネット集客のやさしい教科書。(MDNコーポレーション)』がある。

学生時代から続けるサーフィンでは、年間4~5戦の大会に出場するコンペサーファーとしての顔も持つ。2016年には、悲願の優勝。育メンには程遠い3児の父。


●デジタルハリウッド研修講師
●トーマツイノベーション『はじめてのWebマーケティング入門セミナー』監修役
●日本プレゼンテーション協会(JPA)認定プレゼンター
●竹田陽一・ランチェスター経営(株)公認塾長

 

 

 

 

このセミナーへの投資金額です

 

今回のセミナーであなたにお伝えする「パーソナル型ビジネスに特化したブランディング法」は、6ヶ月180万円の顧問契約1ショット60万円のWebコンサルティングなど、限られた場でレクチャーする内容の一部です。

 

しかも、その内容はビジネス全体の成否にまで深く関わるものであるため、コンサルティングの初期段階で実施するほど重要度の高いものです。

 

弊社では、通常60分のスポットコンサルティング費が32,400円となっておりますので、当セミナーの講義時間が4時間であることを考えると、参加費は129,600円が妥当と考えました。

 

ですが、「パーソナルブランディングを、より多くの小さな会社や個人に実践して欲しい」という想いもありますので、今回は破格とも言える、特別価格49,800円(税込)で参加募集を行うことにしました。

 

 

 

「行動が早い人」のために先行者利益を用意します

 

即実行するという「行動力」はビジネスを成功させるうえで必須要件だということは言うまでもありません。

 

行動が早い人には、その先行者利益をきちんと用意したいというのが、私の基本的な考えです。そこで、今回のセミナーでは『早期申込価格』を設けさせて頂きました。

 

特別価格49,800円(税込)のところを、6月4日(月)までにお申込み頂いた方は、早期申込価格29,800円(税込)でご参加頂くことができます。

当セミナーの定員は15名です。ぜひ、お早めにお申込み下さい。

 

 

 

返金保証について

 

今回のセミナーには「SNSやウェブによる情報発信力を身に付けて、競合と差別化を図っていきたい」「ファンをつくっていき、顧客から選ばれる存在を目指したい」といった、高い意識を持った方だけに参加して頂きたいと考えています。

 

さらに、そういった方が集まり、良い人脈を形成する『場』も1つの価値として提供したいと思います。

 

コンテンツには絶対的な自信があるので、今回も返金保証を設けようと考えました。

しかし、「とりあえず受講して、後で返金してもらおう」といった方は、意識が高い方が多数参加される今回のセミナーの質を大きく下げる恐れがあります。したがって、今回は返金保証をお付けすることはしておりません。充分にセミナーの内容に納得されてから、ご参加頂ければと思います。

 

 

 

セミナー開催概要

 

講座名 SNS&Webを徹底活用したパーソナルブランディング1Day実践講座
主催 株式会社ラグランジュポイント
開催日 6月15日(金)14:00~18:00 ※18時から1時間ほど懇親会(希望者のみ)
会場 JR渋谷駅周辺 ※申込後、個別にご案内致します
定員 15名
参加費 49,800円(税込) →6/4(月)までの早期申込価格:29,800円(税込)

 

 

パーソナルブランディング1Day実践講座